アフリカ竹取物語

ケニアで竹の研究をしている院生の記録

ジョン先生

現地の指導教官であるジョン先生に会うためにジョモケニアッタ農工大学へ行ってきました。

 

ジョン先生は日本で修士ポスドクを過ごしているのでちょっと日本語がわかります。

 

f:id:chun1213-s:20170608005849p:plain

↑「最近の万博公園(博士論文の調査地)はどうですか?」と聞きながら仕事をするジョン先生。残念ながら私は「太陽の塔が有名ですね・・・。」くらいの知識しかない。

 

ジョン先生との出会いは3年前、私が青年海外協力隊として活動していた頃に遡ります。当時、私の活動を見るために京都からはるばるケニアへやってきた私のボス(日本の指導教官)が「昔うちの研究室にジョン君ってケニア人のポスドクがおってなぁ~・・・」と話したことがきっかけで、ネットで名前を検索してみたら大学の教授になっていたので連絡をとってみたのが始まりです。

 

その後、私は協力隊の任期を修了し、復学した大学院でケニアの竹について研究をしたいとプロポーサルを書いてケニアに所在する某研究機関で研究する計画を立てました。しかし、直前になって某研究機関内の人事異動によって竹に関心をもってくれていた研究者がエジプトへ移動。私はケニア竹について研究したいのにナンテコッタ!!と困っていたとろに手を差し伸べてくれたのがジョン先生でした。

 

そんなわけで、晴れて私はケニアで竹の研究を開始することが出来ました。

神様、仏様、ジョン様ありがたや~。

 

 

ちなみにジョン先生は私を受け入れたことによって、京大と協定関係を結びたいだの、共同研究をして学会発表したいだの、学生を日本に送りたいだの野望は沢山あるようです。

(去年、ジョン先生の所属学部と私の京都の研究室は協定関係を結ぶことが出来ました☆)

 

 

今日のジョン先生との待ち合わせは10時に先生のオフィスでした。私は気合を入れて9時50分に到着。先生はまだいません。10時半になっても誰も来ないので「忘れられてる?」と思って電話をすると、向かっている途中とのことで普通に遅刻でした。

 

現在は学部生の試験期間なので先生は授業がなく、ゆっくり出来るようです。そしてゆっくりしていたら遅刻したとのことでした。本当に日本で生活をしていたのか疑わしくなる新手の言い訳でした。

 

今日は、研究の打ち合わせ~でしたが私の研究内容についてはあらから共有が出来ているので前回の調査で得たデータから作成したスライドを使って進捗の報告をしました。

 

ジョン先生からのコメントは「スライドのデザインが素晴らしい!!!研究はそのまま続けてけばいいんじゃない?」とのことで、嬉しいけどちょっと複雑な気持ちでした。

 

とりあえず、テスト期間が終われば調査補助をしてくれる学生も確保できそうだし調査器具やラボ機材も問題なさそうだから順調に調査は開始できそうです。

 

来週、補助学生はいないけれどフォレスターに挨拶をしに早速フィールドへ行ってきます。交通機関のストライキがないといいなぁ~。

 

 

ジョン先生に、空港の入国管理のおじさんとケンカをしたことを話した結果「やっぱり空港のおじさんが変な人だった。」という結論でまとまりました。

ワイロがほしかったんだろ~な~。私は気弱そうに見えたのかしら?でも、残念だったな。大和魂背負った日本人なんじゃい!なめんなよ!

 

のんびりとした1日

昨日は結局どこへも出かけずに1日S君の家にいました。

当初の予定であった弟の赤ちゃんを見に行くという予定は、グダグダしているS君の生活に合わせたらおじゃんになりました。(後々話をしたら、私はアニメを見ているS君を、S君はずっとラップトップをいじっている私を待っていたらしい。)

 

 ちなみに、私は予定がないなら現地の指導教官のいるジョモケニアッタ農工大学へ行きたかったのですが、指導教官(ジョン先生)が「7日(明日)の9時から16時はオフィスにいるからそこで会おう!」というメールを送ってきたので、大学に行く用事までキャンセルでした。

 

とは言うものの、結果的に1日休めたことは先週まで睡眠時間を削って日本で残された課題に取り組んでから間髪いれずに長時間のフライトを乗り越えた体にはありがたいものでした。

 

お昼ごはんは、家にいた親戚のおばちゃんが作ってくれたムキモ(キクユ族の主食)とビーフシチューでした。久しぶりのムキモは美味でした。これがずっと続くと飽きちゃうんだけど・・・。

 

 水不足にもかかわらず、「お湯浴びしたい・・・」と言ったらバケツ半分のお湯を使わせてくれました。ありがたいです。

水が少ないのに、ケニア受けが良いからといって伸ばしたままの髪の毛を洗うのは至難の業です。日本では髪の毛がキシキシになるからと言って避けているリンスインシャンプーが超便利アイテムに感じます。

 

ちなみにケニア受けが良いロングヘアーを保持しているのは、単にちやほやされてモテたいからでなく、研究にも利用が出来るのです。

 

例えば、始めてあった森林局のおじさんに頼みごとをしたいとき・・・普通の外国人であればまずワイロを要求されます。もちろん私も最初はそうなるわけですが、そこで協力隊時代に鍛えたスワヒリ語を使って「私はこの地域の住民の森林資源利用に貢献するために、研究をしているんです~!だから竹を伐らせてください☆お願いしまーす!」とゴネり作戦を開始します。もちろん、こんなゴネりをするなら美人じゃないと格好つきません。だから、フィールド調査へ行くのに化粧したりもします。ちなみにケニアの女性は2週に1度ヘアサロンへ通うほど髪の毛に関心が高いようです。そこにかこつけて、日本人である私の強み「長い黒髪」はキープしたいところなのです。

ちなみにこの作戦、いまのところ全勝です♪(スワヒリ語でゴネる外人がめんどくさいだけな気もするけど)

 

お湯も浴びれてさっぱりしたのに、何故か私の体は謎の虫(多分ダニ)に攻撃されて至るところが赤くはれています。まだ来ケして2日しか経っていないのに・・・。

 

この虫刺されには、ムヒとオロナインではどちらが効果あるか人体実験してみようと思います。

 

 

気分は里帰り

さて、昨日ケニアに到着した後

ケニア人の友人(S君)が空港まで迎えに来てくれるとのことで

スマホSIMカードをサファリコム*のものに入れ替え、空港のサファリコムショップでM-PESA**に入金をして連絡をとった。

 

*サファリコム:ケニア主流の携帯会社。日本のdocomoのようなポジション。

**M-PESA:東アフリカで発達したモバイルマネーシステム。クレジットカードがなくともサファリコムのSIMさえあれば手続きが可能。私はここから携帯料金を支払うために利用している。

 

S君はもう空港にいて私が今回利用したエチオピア航空の到着口でずっと待っていてくれたらしい。しかし、お腹が痛くなってトイレへ行ったとのことだった。

 

飛行機の中では、久しぶりに会うS君に「ローングタイムノーシーユー!!」と言いながら抱きつく、よくドラマでありがちな空港ラブを実施しようと目論んでいたものの

S君はトイレだし、私は入国管理局のおじさんのせいで想定外に入国が遅くなってイライラしてるしで・・・それどころじゃなかった。

 

U-berというタクシーアプリで、タクシーを呼んで待っている間S君と空港のカフェでチャイタイムとした。まだ日本から着たばかりだから、チャイ1杯100ksh(約110円)に違和感を持たないものの、地元では「20~30kshなのに!」と騒ぐS君をみてケニアを実感する。

 

今回もホームステイさせてもらうS君の家へ向かう途中の景色は、物乞いがいたり、牛が歩いていたり、バナナ売りが車のドアを叩いてきたりしたけど・・・もうそんな光景を珍しく感じなくなっている自分が悲しかった。

 

考えてみれば約1ヶ月前までここに住んでいたんだし、もうかれこれ合計2年半以上ケニアに住んでる。小さい頃から父の転勤が多く、幼稚園を過ごした静岡は思い出の地として印象深いけれど、そこに住んでいた期間は2年間。私のケニア生活より短い。つまり私にとってケニアは故郷の1つのような場所なのだ。

 

S君の家も、今年の2月から4月までのナイロビ滞在中に住んでいたところなので

到着するとやはり懐かしさを感じた。

 

S君の家はケニア中流家庭といったところだろうか。

停電がなければ電気は使えるし、水も乾季でなければ使える。ちなみに今6月は大雨季後なので水があることを期待していたのだが、今年の雨季はあめがあまり降らなかったらしく水道からの水は毎週金曜日しか出ないとのことでみんな貯水した水をチビチビと使っていた。あまり水に期待はしない方がよさそうだ・・・。

 

S君は2人兄弟でケニアの平均からすると兄弟の数が少ない。しかし、S君の母はS君の父の再婚相手で、再婚前に父は2人の子供がいたという。

現在、ケニアの首都ナイロビの夫婦間当たりの子供の数は日本と大差がなくなってきているように感じる。一方で、ナイロビでもスラム地域やケニアの地方都市における夫婦間の子供の数は7~11人が主流だろうか。(ちゃんとしたデータは見ていません。あくまで個人的な所感です。)

 

しかし、常に家には10人前後の人が出入りをしている。親戚や友人がわりと自由に出入りをしているのだ。核家族化が進んだ日本から来たので、最初はプライベート空間のないこの生活環境には圧倒されたが、だからこそ私がここに住むことも出来るわけだし、慣れてしまえば問題ない・・・はず。

 

それはそうと、私が使っているベッドはS君の弟のベッドである。彼は現在、ナイロビ郊外に彼女と暮らしている。ちょうど先週、その2人の間に赤ちゃんが産まれたそうだ。今日はS君とその赤ちゃんに会いに行く予定・・・だったのだけれど、さっき昼前に起きてきたS君は現在、どこかからダウンロードしてきた進撃の巨人を見ているからどうすることやら・・・?

 

私は私で昨日は早く寝たのに若干まだ時差ボケが残っていて頭がボーっとする。

4度目のケニアの大地

昨日ケニアへ到着しました。

到着後、入管管理局で入国の目的を聞かれて「研究」と答えたら

VISAが違うと言われてまさかの足止め1時間・・・。

 

過去2回はこれで問題なく入国できていただけにびっくり。

なので、去年取得したケニアの研究許可書や大学からのレターを見せながら

「いままでこんなことなかったぞ!」と若干キレ気味に刃向かっていったら

相手も相手で「入国するな!帰国させるぞ!」とケンカになるという始末。

よくよく冷静に話を聞いていると、研究VISAとして金を払えと言ってくる。

 

え?でも、そんなVISA聞いたことない。それにケニアの研究許可書は別の機関からもらっている。

 

じゃあ、とりあえず入国してケニアの大学の先生に会ってからナイロビの入国管理事務所でそのVISAを取得するよ。と答えると・・・「取得せずに研究活動をはじめたら逮捕するからな!」と叫ばれ、でもなんとかその場からは離脱成功。

 

なんとか入国できました☆

 

正直、空港の入国管理局のおじさんがワイロ貰いたかっただけなような気もするけれど、この件は後々現地の大学の先生に相談してみます。

アフリカン玄関

今回のケニア渡航は成田からエチオピア航空で向かう。

そんなわけで、京都からはるばる実家(川崎)へやってきた。

 

実は先週も東京で報告会があって実家に泊まったから、あんまり久しぶり感はない・・・ものの

 

玄関がケニア土産で祭壇のようにアレンジされていた。

どんどん家族もアフリカに馴染んできている・・・。

次回はもっと豪華なお面でも買ってこようと思った。

 

 

 

帰国も成田空港だから、次に実家に戻ってくるのは2ヶ月弱後。

夏バテしたルルちゃん(ハムスター)に会えるでしょう。

f:id:chun1213-s:20170603235741p:plain

 

 

 

 

 

不便益という発想

先日、昼ごはんを買いに行った生協でこんな本を衝動買いした。

f:id:chun1213-s:20170603150050p:plain

不便益という発想~ごめんなさい、もしあなたがちょっとでも 行き詰まりを感じているなら、 不便をとり入れてみてはどうですか?(しごとのわ) | 川上浩司 |本 | 通販 | Amazon

 

京都から新横浜へ行く新幹線の中で読んだ。タイトルは計算された上で長いものの、かなりサクッと読める、読みやすい本だった。

不便益という言葉は、生協で売られている京大の名物土産「素数ものさし」のおかげでなんとなく知っていた。私もネタ用土産で購入したことがあるが、それは素数ものさしの素材が竹だったからである。

素数ものさしを開発したのがこの本の筆者が所属する研究所であり、不便の中の利益を追求している。私としては、なんだかオモロイことを真剣に追求している・・・ように感じる。

 

本来、ものさしは長さ等を測るものである。しかし、筆者の所属する研究所ではこのように考えた。「簡単に測れるものさしは便利すぎる!頭を使っていない!」・・・よって誕生したのが、素数ものさしである。

この素数ものさしは、めもりは素数しか書かれていない。しかし頭を使って工夫をすれば素数から数字を導き出すことは可能であるという。

そして、この商品は京大生協で人気商品となった(確かに売り切れになっているのを見たことがある。)!というサクセスストーリーが本編に書かれていた。

 

私が疑問なのは、この素数ものさしは本当に不便益の目的のために購入されているかどうかということである。

確かに売れてはいるが、誰もがネタ用として購入しているのであれば本来の目的に合った「頭をつかう」という利用法はあまりされていないのではないだろうか。

第一に、京大内で素数ものさしを利用して勉強・研究をしている学生を見たことがない。皆、便利なものさしを利用している。その方が楽だからである。

つまり、日本で最も素数ものさしが購入されている京大内の学生が日常生活で素数ものさしを利用していないのだ。しかし、その他の利用として考えられることは日常生活外での利用である。例えば、脳トレや趣味である。

残念ながら、私はまだ趣味で素数ものさしを利用している学生に遭遇したことはない。以前素数ものさしの話を研究室で持ち出したところ「それ持ってますよ!」と意気揚々と机をガサゴソと漁り、かなり奥底からとりだした素数ものさしをドヤ顔で見せ付けてくる後輩がいただけだ。

 

あと、便利や不便に関係なく何故か素数が好きな人は多い気がする。

Image result for 素数を数えて落ち着くんだ

 

ただ便益と不便益の例としてかなり納得したのは本編の初版に挙げられていた「甘栗むいちゃいました」と「ねるねるねるね」の例である。

 

このどちらも同じ会社から発売されていることも知らなかったが、食べるときに便利である「甘栗むいちゃいました」と同様に「ねるねるねるねねっちゃいました」を販売しても買いたいとは思わない。

自分で作るのは手間がかかるけれど、それでも価値があるのが「ねるねるねるね」である。

ねるねるねるね」は不便であることが楽しいという発想商品だと気がついて、感動した。

 

 

さて、日本で生まれ育った私がケニアで暮らすと便利の功罪に悩まされることが多々ある。

例えば、鶏肉。協力隊のころ、ケニアで生きた鶏をもらうことがたまにあった。もちろん食用鶏である。私は鶏肉が好きだが最初は生きた鶏を捌くことに抵抗を感じた。

日本はコンビニへ行けばレジ前で暖かいチキンが売っていて、いつでも安定の味を楽しめる。便利である。しかし、その一方でそのチキンがどうやってレジ前に置かれたのかはわからない。いつか、日本のインフラに問題が起こってコンビニや鶏肉加工が運営されなくなったとき、楽に舌を肥やしてきた我々は弱い存在でしかないかもしれない。

ケニアの生活は日本と比べれば不便だが、生きる力はモリモリ養えるのは間違いない。

もちろん、いまの日本人が全員、ケニアの生活の術を学ばなきゃいけない・・・とは思わないけれど。

 

生きる力・・・というと実用的すぎる。もっと頭を柔らかくして、比べると不便だけどオモロイものを探していきたい。

 

 

 

1ヶ月ぶりの現地調査へ

いよいよ明日からケニア入り。

1ヶ月ぶり、通算4度目のケニア

これまでの合計滞在期間は約2年半。

おかげで自他共にケニアに慣れたような気がしてきている。これは危険なことである。

そう、油断して変なことに巻き込まれても誰も心配をしない可能性が出てくるのだ。

 

そんなわけで、生存記録をこのブログに綴っていこうと思います。

このブログがとまったときはちょっと心配してくださいm(*_ _)m