アフリカ竹取物語

ケニアで竹の研究をしている院生の記録

理想の研究者

文献調査を開始して、ナイロビの役場関係を回っていると、コンサルやNGOで森林プロジェクトに関する仕事をしている日本人に出会うことがある。 そういう人たちの集団には高確率で協力隊出身者がいるから、「何年度何次隊?」という会話から簡単に親近感を感…

レター文化

はやくフィールド調査へ行きたいのだけれど、フィールドで使う車が故障してしまったとのことで ナイロビの役場関係をまわって文献調査を開始してみた。 ネットではアクセスできなかったし、論文でも見られなかったけど 意外とケニアの森林計画が地方ごとにま…

こんにちは赤ちゃん

5月31日にS君の弟(スーパーしっかり者)の赤ちゃんが産まれたとのことで会いに行ってきた。 私は産まれて一週間足らずの赤ちゃんに会うのは初めてだった。赤ちゃんの小さな指や耳や鼻を見るのは初めてで、触ると壊れてしまいそうで怖かったけれど、顔を近づ…

なさけない家出

S君の家には常に人が沢山いる。 そして、お互いにプライバシーを気にしていないので常に大音量でテレビをつけたり 大声で話したりをしている。 それがケニアでは普通なのだろうし、特に気にしたくはないんだけど・・・ 自分がその環境に身を置くとなったら、…

ベトナム日本料理in Kenya  

ケニアに暮らしているベトナム人の友人Cさんがランチに招待をしてくれた。 Cさんの旦那さんはイギリス人で、ナイロビで働いている。 私は、去年の11月にナイロビ日本大使館のイベントで彼女と出会い、今年の3月の彼女がボランティアをしているチルドレンズホ…

妖怪研究者と会う

(ネット環境が悪かったので書き溜めていた記事です) 昨日また、ナイロビ学振オフィスへ行ってきた。たまたま近くで予定があったので、そのついでに時間があれば借りていた本(きりひと賛歌)を返そうと思ったのだ。 この一週間、研究に対する精神的に焦る…

コミックでわかるアドラー心理学

日本滞在中に読んだ本の備忘録(現在手元に本がない状態で記憶を頼りに感想を書きます。) 協力隊から帰国した2015年くらいからちょくちょく書店で目にするようになったアドラー心理学。名前をよく見にするだけに興味があったものの、なかなか手に取ることが…

ジョン先生

現地の指導教官であるジョン先生に会うためにジョモケニアッタ農工大学へ行ってきました。 ジョン先生は日本で修士~ポスドクを過ごしているのでちょっと日本語がわかります。 ↑「最近の万博公園(博士論文の調査地)はどうですか?」と聞きながら仕事をする…

のんびりとした1日

昨日は結局どこへも出かけずに1日S君の家にいました。 当初の予定であった弟の赤ちゃんを見に行くという予定は、グダグダしているS君の生活に合わせたらおじゃんになりました。(後々話をしたら、私はアニメを見ているS君を、S君はずっとラップトップをいじ…

気分は里帰り

さて、昨日ケニアに到着した後 ケニア人の友人(S君)が空港まで迎えに来てくれるとのことで スマホのSIMカードをサファリコム*のものに入れ替え、空港のサファリコムショップでM-PESA**に入金をして連絡をとった。 *サファリコム:ケニア主流の携帯会社。日…

4度目のケニアの大地

昨日ケニアへ到着しました。 到着後、入管管理局で入国の目的を聞かれて「研究」と答えたら VISAが違うと言われてまさかの足止め1時間・・・。 過去2回はこれで問題なく入国できていただけにびっくり。 なので、去年取得したケニアの研究許可書や大学からの…

アフリカン玄関

今回のケニア渡航は成田からエチオピア航空で向かう。 そんなわけで、京都からはるばる実家(川崎)へやってきた。 実は先週も東京で報告会があって実家に泊まったから、あんまり久しぶり感はない・・・ものの 玄関がケニア土産で祭壇のようにアレンジされて…

不便益という発想

先日、昼ごはんを買いに行った生協でこんな本を衝動買いした。 不便益という発想~ごめんなさい、もしあなたがちょっとでも 行き詰まりを感じているなら、 不便をとり入れてみてはどうですか?(しごとのわ) | 川上浩司 |本 | 通販 | Amazon 京都から新横浜へ行…

1ヶ月ぶりの現地調査へ

いよいよ明日からケニア入り。 1ヶ月ぶり、通算4度目のケニア。 これまでの合計滞在期間は約2年半。 おかげで自他共にケニアに慣れたような気がしてきている。これは危険なことである。 そう、油断して変なことに巻き込まれても誰も心配をしない可能性が出て…