アフリカ竹取物語

ケニアで竹の研究をしている院生の記録

理想の研究者

文献調査を開始して、ナイロビの役場関係を回っていると、コンサルやNGOで森林プロジェクトに関する仕事をしている日本人に出会うことがある。

そういう人たちの集団には高確率で協力隊出身者がいるから、「何年度何次隊?」という会話から簡単に親近感を感じることが出来る。

 

私は協力隊のときは、常に任地に引きこもってしまっていてあまり協力隊と交流を持っていなかったけれど、今になって元協力隊ネットワークの恩恵を受けることが出来た。協力隊でよかった!

 

さて、そんなコンサルやNGOで活動する日本人はプロジェクトの作成から現場での活動までの予算を獲得し、現地の住民や企業、政府と協力して実施するという現実的な行動をしている。

その人たちの話を聞いていて、私が感じるのはアカデミックな現場とのギャップである。

 

例えば、私の所属する研究室でたてられる研究計画は、環境系だから「○○への貢献」というなんらかの一助とすることを目的としている研究が多い。それは大変素晴らしいことだし、これまでにないデータであれば人類の知見として論文にする価値があるだろう。

それでも、直近の問題を解決手立てとしてツールとして研究結果を利用しようと考えたとき、現場で必要としている情報と研究室の研究者が論文執筆のために行った研究では齟齬があるのではないかと思う。

 

現場の人間と話をしてから、大学のゼミを振り返るとパワーポイントのフォントや見易さに関する指摘だったり学術用語に関する指摘が多いのに対して、成果を利用する人間の顔が明らかにならないのに対してあまり質問が飛ばない。特に、その成果利用に必要な予算に関する質問はかなり乏しい印象を受ける。

 

環境分野であるからこそ、問題は多い。しかし、現状では本当に解決すべき問題をつかみきれていない気がする。

 

私はこのままケニアで竹の研究を続けることは可能だけれど、博士課程までケニアの竹の研究を続けて何になるのだろうか?

ケニアの自生竹の研究者として第一人者になれるかもしれない。いくつかの論文を発表できるかもしれない。竹マニアにはウケるかもしれない。

でも、その研究は自己満足研究に過ぎないのだろうか。

 

ケニアの竹の生態を理解すれば竹を利用する人が増えるのか?そもそも、そんなマニアックな論文を読む人が多いとは思えない。アカデミックな視点で見れば、生態学としての価値がある?でも、それこそ生態学者のマスターベーションだ。

そしてそれは一般人が見て面白いと思えるわけでもない研究だ。と思う。

 

大学の研究室では、論文を多く発表するために、とにかくデータをとって論文としての背景等のストーリーは後付で書くという流れが存在している。確かに、その考え方は、研究者として業績をつむためには合理的である。なにより、研究者は業績(論文の本数や影響力)が重要である。

 

しかし、インターネットが発達し一般人が簡単に情報にアクセスすることの可能になって誰でも専門家になれる現在、私にとっての理想の研究者像は業績とは別の点に重きが置かれているのではないかと考える。

何が言いたいのかというと、一般人が触れることの少ない論文よりも、大衆が求めている問題を解決して分かりやすく説明することの出来る人、もしくは研究をあくまでPDCAサイクルの中のツールとして活用できる人である。論文が目標ではないし、論文である必要がないと思う。

 

私は世界で森造りをしたい。

そのために、私の理想とする研究者としてこの人生を生きたいのだ。

そこで迷っている進路は以下の4つ。

 

1:このまま博士課程に進学して研究を続ける。

→頑張れば30歳までに博士課程を修了して晴れて研究者になれるかも。でも、今の博士論文は単に量産論文になりそう。卒業までと割り切ればいいけど、私の理想とする研究者像ではない。というか、背景後付でケニアの竹だけ研究しててどこに就職できるのか謎。

 

2:一度コンサルかNGOで社会経験を得てから問題を明確化した上で博士課程に戻る。

→現場での問題解決ツールとしての研究が出来るかも。それが投稿雑誌やアカデミック界が求めているものと一致するかは不明。それでも、私の理想とする研究者像に近い。

 

3:もしくは社会人になって社会人博士か論文博士をめざす。

→体力と精神力勝負。そもそも、社会人になってからの忙しさが未知数。それでも、現場での問題解決手段として研究を使うことが出来る。私の理想とする研究者像である。

 

4:博士取得に拘らず私の目指す研究者像を追い求める。

→論文発表に拘らずに、個人として調査研究を行う。社会人になった場合は、社会人博士や論文博士よりも時間的・精神的余裕が持てそう。まさに私の理想とする研究者像だが、論文発表が少なく博士取得がないと世間一般的には研究者として認めれらない。自分の哲学を貫き通せれば研究者版ブラックジャックになれるかも。

 Image result for ブラックジャック

 

 本当は、修士とか博士のうちは論文をちゃんと書く練習をしておいて

卒業してからちゃんと論文の書ける研究者として活躍できるのが理想なのだろうけど・・・その方法1を上でがっつり否定しちゃっているように、そのキャリアは憂鬱でしかない。

 

こんな夢ばかり語っているけれど、

今の私は協力隊やバイトで貯めたお金と親からの援助、獲得した研究費を切り崩しながら、京都の月1万円の下宿かフィールド(S君宅)で生活している。そんな収入と住居が不安定な生活している学生(26歳)って立場は日本の世間一般からみたら既に異端なのかもしれない。